2015 スズカ8時間エンデューロ
2015 スズカ8時間エンデューロ

スズカ8時間エンデューロ

2年ぶりのスズカ8時間エンデューロ。鈴鹿サーキットで行われる自転車イベントで、毎回5000名ぐらいが参加しているらしい。2013年のに続いて2015年の秋に参加。スポーツエントリーから申し込み、サーキット内の駐車場を利用できるパスも確保した。

開催日の2015年11月14日は雨。気温はそれほど低くないものの1日雨が降り続く予報。ウェアはibexのメリノウールインナーにGOREのウィンドストッパー長袖ジャージ、レインウェアはモンベルのパーサライトをジャケットのみ着用。ボトムはGOREのウィンドストッパービブタイツのみ。グローブは春・秋用のロングフィンガーにしたが、靴下、シューズと共に濡れるに任せることにする。タイヤの空気圧を少し落として前後共7bar。

6時前に鈴鹿サーキットに到着し、受付を済ませてから第一コーナー特設ピットエリアに近いCパドックの駐車場に移動。ソロ参加のため、ピットに戻るのは補給の1回とトイレのみ。

車内で着替えて7時頃から1周だけコースを試走。ホームストレートは追い風なので上り坂だけと楽に進める。雨なので試走する自転車も少なく、ピットの人口密度も低い。特設ピットエリアには人がほとんどいなかった。

スタート15分ぐらい前にスタートラインに移動。補給の際もCパドックの止めた車まで戻ることにして、荷物は特設ピットエリアに移動せず、車内に置いたままにする。

8時ちょうどにスタート。コース全体に自転車が分散するまでは慎重に走る。雨のためブレーキが効かないので前走者には近づかずに、左側のラインをキープし、特に右コーナーはインに入りすぎないように注意。上りも下りも右コーナーではインに寄ってしまう参加者が多く、ペースやラインを変えずに走っても、左側から追い抜いてしまうことが多かった。

雨なのでコーナーは怖かったけれども、25Rからデグナカーブと、S字コーナーから第1コーナーは気持ち良く走れる区間。後半は脚を休める区間になった。

途中でトイレのために2回、補給のために1回ストップ。補給のときは車中で雨宿りしながら30分弱ほどかけて食事を摂ったが、運動を止めると寒さを感じる。途中で食べたのははおにぎり1個、小さなクロワッサン1個、ミニ羊羹3本。水分はスポーツドリンクを2リットルぐらいと全体として少なめ。

35周を8時間1分10秒かけて走ってフィニッシュ。2013年秋は37周回できたのだが、体力が落ちているのだろう。

2015 スズカ8時間エンデューロ -Garmin Edge510は濡れると高度の記録がうまく働かないのかもしれない
2015 スズカ8時間エンデューロ -Garmin
Edge510は濡れると高度の記録がうまく働かないのかもしれない