2018年最初のブルベはオダックス近畿が開催する BRM107 近畿200近江八幡に参加。スタート時刻は7時、7時30分、8時に分かれエントリーしたのは7時30分スタートのグループ。各40人合計120人がエントリーしている。

4時に起床して5時に自宅を車で出発し、6時30分頃に近江八幡駅近くのコインパーキングに駐車してスタート地点の駅東口に移動。7時スタートの参加者が出発するところだった。

BRM107 のブリーフィングが始まる

近江八幡〜松阪

7時過ぎにブリーフィングが始まり、検車を受けて7時30分頃にスタート。車に忘れ物があったので駐車場に戻ってからコースに復帰したので単独行で朝の近江八幡市街地を走る。関宿までは初めて通る道のため不案内だったが、しばらく走ると先行者が見え始める。朝の道路はところどころ凍結しており落車もあったようだ。9時前に甲南の通過チェックで甘酒を補給してから国道25号の加太越に入る。ウェットな路面も残っており凍結も心配なので慎重に進む。峠を下ったところでミスコースして後続者も付いてきてしまい申し訳ない。

10時頃に関宿のPC1に到着しコーンスープを補給。ここから先は若干の土地勘があるルートになる。快適な追い風に乗って順調に南下し、11時過ぎに津のPC2でホットレモンを補給。追い風を受けながら快調に進み、クイズポイントの松阪市の御城番屋敷には12時頃に到着。クイズの答えは探さずにスタンプで代替して折り返しするが、コースを間違えて時計回りに松坂城を回ってしまった。

関宿を通過する
御城番屋敷に到着
松坂城を一周して復路に入る

松阪〜近江八幡

松阪からは強い向かい風の中をひたすら進む。久居のPC3には13時頃到着し、塩分が欲しかったのでおにぎりとしじみ汁を摂取しドリンクも補給。グリーンロードに入ると林が遮蔽物となって風が若干弱くなった。下り坂の勢いを利用して上りをクリアしながら進み、陽が落ち始めた関宿を抜けて交通量の少ない加太越を再び通過する。峠をのんびりと越え、柘植の市街地で道に迷い若干遠回りしてからPC4に15時半頃に到着。塩分がまだ欲しかったのでカップラーメンとおにぎりを補給する。

加太越で伊賀市に入る

夕暮れが近づいてきたので尾灯と前照灯のスイッチを入れて出発。PCの5手前のわかりにくい分岐では先行者に追いついたのでルーティングを楽させてもらう。17時過ぎにPC5に到着しお汁粉を補給してから出発。近江八幡に近づくにつれて交通量が増えてきて、駅前のフィニッシュに18時前に到着。栄養ドリンクを購入してから近くのビルに設けられた受付に移動しブルベカードを提出して認定を受ける。記念にメダルとバッヂを購入し、ドリンクとメンチカツを頂いて失礼する。