BRM223 静岡300伊良湖に参加。AJ静岡主催のブルベで静岡県島田市の大井川にある川越広場をスタートし伊良湖岬まで往復する300kmのコース。アップダウンは少なく暖かな太平洋沿いを走るため天気が良ければ快適だろうと考えエントリ。

前日の21時頃に自宅を出発し新東名高速のPAで4時間ほど仮眠を摂りスタート地点のに移動し自転車を組み立て準備する。川越広場スタートのブルベには何回か来たことがあり広い駐車場がありがたい。暖かいことを予想して春用のジャージとグローブに冬用ビブタイツ。寒かったのでウィンドブレーカも重ね着するアンダーウェアは登山用の長袖Tシャツ。シューズカバーとネックウォーマを装備する。6時すぎにブリーフィングが始まり堤防の上で車検を受けてからバラバラにスタート。大井川を渡り牧之原台地を越えて海を目指す。

BRM223 ブリーフィング
大井川を越える
牧之原台地を登る

海が見えてきた

中田島砂丘を通過
PC2の弁天島のコンビニで補水

だんだん向かい風が強くなり渥美半島に入ると小さなアップダウンも重なって歩みが遅くなる。途中のコンビニでスバゲティの昼食を摂って回復。向かい風がさらに風が強くなり横風にも煽られながらゆっくりと西進。気温は暖かく菜の花が咲きそろっている。最後に伊良湖岬の急登を越えるとPC3の道の駅伊良湖クリスタルボルトに13時半頃に到着。AJ静岡のスタッフの皆さんが待っていてくれた。

菜の花が咲いていた
白波が立っていた
伊良湖岬を望む
PC3に到着

PC3ではドリンクのみ補給出発。追い風なので足が回る回る。豊橋のコンビニでコーヒーとどら焼きを補給しボトルにドリンクを足して浜名湖に向かう。湖を時計回りに進むが北進になると若干風がきつい。PC4には17時前に到着しドリンクを補給する。

田原市の風車

ここからはライトを利用する。フロント、リアとも2灯づつ点灯しヘルメットの尾灯を点滅させ後続車からの視認性を確保。薄暗くなった湖沿いのアップダウンを南に進み弁天島を再び通過し往路と同じコースに戻る。ここからAJ神奈川主催の追い風400のコースと重なり前後して走ることとなるが、とてもペースの速い二人組の方がおり、追い風も使ってペースを合わせさせて貰いながら途中まで走ったら時間をだいぶ稼げた。

浜名湖を進む

 

PC5に19時半頃到着。ここが最後のPCでカップヌードルとエナジードリンクを補給する。真っ暗になった道を進み往路もきつかった牧之原台地をなんとか越えると島田市の夜景が美しい。

島田市に帰ってきた

 

ゴールの川越広場には21時半前に到着した。往路の風がきつかったがアップダウンの少ないコースだったので認定時間、グロスタイム共に15時間をやや切る記録だった。今年初の300kmブルベを完走したので記念のメダルを購入しスープをいただいてゴールを失礼する。主催のAJ静岡の皆さんに感謝。