久しぶりの夜スタートのブルベはオダックス近畿福井藩主催の BRM706 近畿300丸岡焼き鯖朝定食。主催のKさんの心遣いから小浜港で焼き鯖の朝定食を楽しめるようにスタート時間は夜半の23時。獲得標高は少なめだが梅雨の真っ只中なので雨と湿度と暑さが影響するだろう。天気予報は開催日が近づくと次第にと良くなり、直前は曇りの予報だった。ところで初めてブルベに参加したのも丸岡スタートのブルベで300kmの距離を走るのは初めてだった。

自宅からスタート地点の坂井市丸岡支所までは車で移動した。途中でボトルを忘れた事に気がつき、コンビニで麦茶のペットボトルを調達するがボトルケージにちょうど良いサイズ。装備は長袖の登山用アンダーウェアの上に半袖のジャージ、ボトムはショートのビブタイツで上下のレインウェアを携行した。ツール缶にスペアチューブやガスボンベなどを収納し、工具はサドルレールの緩みを締め直すことが多いため取りやすいトップチューブバッグの中に入れておく。他にモバイルバッテリー、スマホ、手ぬぐい、補給食、日焼け止めを携行。

暗い丸岡支所の駐車場で自転車を組み立てて受付を済ませてブリーフィングに参加。Kさんが焼き鯖を食べる人と声をかけると結構な数の手が上がり、楽しみにしている人が多いようだ。車検を受けて23時前に出発した。

PC1〜焼き鯖

PC1まではほぼ平坦なので参加者が連なってしまうが、信号や小さな起伏で少しずつ分かれ始めて走りやすくなる。暗い中、常に前走者を視界に入れながら土地勘の無い福井平野を南下して、南条SA内のコンビニに設定されたPC1に1時前に到着した。購入した麦茶を補充してあんぱんをバックポケットに入れてSAを離れる。PCで参加者がばらけここからは独行となり、少し土地勘がある道路を南進し滋賀県境の栃の木峠を目指す。途中にあった片側交互通行区間で信号待ちしていた前走集団に追いつき5人ほどの集団になった。国道365号と敦賀市に向かう国道476号の分岐に差し掛かる頃から雨が降りだす。停車してスマホで雨雲レーダーを確認すると雲は見られなかったので、そのうち止むだろうと走っていたが、雨脚が強くなってきたのでジャケットのみレインウェアを着た。雨が降る前にあんぱんを食べておいて良かった。

レインウェアを着た時に集団は分かれてしまったので一人で峠を登る。レインウェアのため蒸し暑いが、顔に当たる雨が心地良い。標高を少しずづ上げていき、峠を越した滋賀県側は長くコーナーの少ない下り坂だが雨が強くて見通しが悪いのであまりスピードが出せないしブレーキも効かない。スピードを落としながらのんびりと木之本まで降りてくると雨脚が弱まった。片側交互通行の工事箇所で先行する集団に追いつき、そのままPC2のコンビニに到着した。3時前の到着でオレンジジュースとおにぎりを補給しながら雨雲レーダーをみると小浜市のあたりは雨が降っているようだ。

今庄そば道場では手打ちそばがリーズナブルに食べられる
今庄そば道場では手打ちそばがリーズナブルに食べられる

木の芽峠で写したはず
木の芽峠で写したはず

PC2から独り出発した。コースを間違えて賤ヶ岳のトンネルを通っていたことをこの文章を書いている時に気がついた。独り申し訳なく思う。そのトンネルの中でサドルの緩みに気がつきトンネルを出たところでボルトを締め直した。今回も途中で3回ほど緩んでしまったが原因がよくわからない。国道8号から分岐し琵琶湖の周りを通る寂しい道路を経由しつつ進むと夜が明けた。

明るくなって走りやすくなり琵琶湖の湖面も見え始めた。近江今津で琵琶湖から離れ、水坂峠の登りで再び雨が降り始めたのでレインウェアを再び着た。峠の旧道の下りはブレーキが効かないのでゆっくりと進み、国道に合流すると少しペースが上がった。道の駅熊川宿でトイレとドリンク休憩を取った。雨雲レーダーを確認するが小浜市までは雨の中に走行になるがそのうちに弱くなりそうだ。

琵琶湖を写したはず
琵琶湖を写したはず

熊川宿で雨宿り休憩
熊川宿で休憩

次第に雨脚は弱まり小浜市街地に近づくと雨が止んだ。6時過ぎにPC3を通過して港を目指した。タイトルの焼き鯖を食べるべく市場の中にある食堂に着くとちょうど開店したところで、開店を待っていたランドルーヌたちが店の中に入っていった。少し市場を見てから食堂に入って皆と同じ焼き鯖定食を注文する。市場関係者や地元の方が来店ししばらくすると席はほぼ満席になった。焼き鯖の注文が集中したので焼きあがるのを待ちながらしばらく休憩する。後から到着した方の注文した刺身定食が配膳されたが食欲をそそる魅力的な盛りで次回の注文はこちらも考えたい。

朝6時に開店する五右衛門の焼き鯖定食1200円
朝6時に開店する五右衛門の焼き鯖定食1200円

焼き鯖〜ゴール

油の乗った焼き鯖に満足し市場には1時間ほど滞在してようだ。路面は濡れているが雨は止んでおり、雨雲レーダーを見てもこの後は雨の心配は無さそうだ。PC3のコンビニに7時過ぎに到着して麦茶と焼き菓子を購入した。菓子はポケットに入れ三方五湖に向けて海岸沿いのアップダウンを進み、レインボーラインの先で狭い湖周道路に入りしばらくするとクイズポイントに着いた。

回答をブルベカードに記入して湖を離れた。雨でオイルが流れチェーンの軋みが酷くなったので敦賀市街地のコンビニでオイルを購入して注油した。オリーブオイルやクレンジングオイルと迷ったが添加物が無くて安いサラダオイルを選んだが問題なかった。良いのだろうか。

田烏が見えてきた
田烏が見えてきた

浦見川は掘削された河川だ
浦見川は掘削された河川だ

敦賀市街地を離れて高速道路沿いに進み、歴史深い旧北陸本線跡を活用した道路に入ると鉄道を通していたため緩い勾配で走りやすい。狭いトンネルを三つほど通り通過チェックの設けられた杉津PAに10時半ごろ到着した。

眠気覚ましにガムを購入し日焼け止めを塗り越前海岸に向かった。海に出る頃には太陽が見え始めて晴れてきた。風が吹いて気持ちの良い海岸線を北上し、昼どきになったので途中にあった道の駅越前でテイクアウトのアジフライを購入して昼食にした。道の駅のレストランは満員で賑わっている。

越前海岸を進む
越前海岸を進む

PC4には13時半ごろ到着した。駐車場の日陰でアイスを食べ麦茶を補充して出発しゴールを目指す。ゴール手前で少し迷いスマホで地図を確認して14時半ごろに到着。レシートを得て丸岡支所の横の高椋コミュニティーセンターに設けられた受付を目指す。受付でブルベカードに記入したPC時刻をレシートと照合し、サインして提出したらブルベは終了。ピザを頂いて受付をご無礼する。魅力あるコースを設定された主催のKさんに感謝。焼き鯖はたいそう美味しかった。

今回ショートカットするミスコースをしてしまった。ルートを作るときにキューシートをもっと丁寧に確認しなければならないと反省している。