揖斐高原

揖斐川町の日坂峠周辺の 揖斐高原 はウィンタースポーツを楽しむ人たち週末は賑わっており、今年は積雪量が多くお客さんも多いらしい。

そこで晴れた日曜日にスノートレッキングのために揖斐高原の裏側にある坂内ゲレンデに行く。坂内ゲレンデは元々は揖斐高原スキー場の一部だったが2009年から営業していないので人気は全く無い。日坂峠が冬季通行止のために横山ダムを超えて坂内からアクセスしなければならないが、諸家の集落にあるダチョウ牧場の食肉加工場施設の先までは除雪されている。12時頃に除雪区間の終点に到着し、車を止めて坂内ゲレンデ方面に向かう。

スノーシューを付けて、先行するクロスカントリースキーのトレースを追って南に進む。跡からすると一人だけのようだ。出発してしばらくは硬い雪面だったが標高を上げて行くと新雪の区間が多くなって気持ちいい。下山するクロカンの方と途中ですれ違うが、晴天で風も弱く青空が広がり静かな山中だった。

奥伊吹スキー場方面との分岐点から直進して林道に入るとトレースも無くなり林道も見分けずらくなる。積雪もさらに増え地形も制約が無くなるのでところどころ道を無視して林の中を歩き、出発地点から90分ほど歩いたところで折り返して戻る。

次は奥伊吹スキー場の方に行ってみよう。

揖斐高原の天候は良好
先行者のトレースを追う
うさぎがいるらしい
スノーシューは好調