2008 ランタン/ゴサイクンダ・トレッキング (6)からの続き

7日目

2008/7/26 ラマホテル (2340m) ~ パイロ (1640m) 〜 トゥロー・シャブル (2210m)

6時に起床し6時30分に朝食。8時10分にロッジを出発。リムチェ (2440m) まではアップダウンが続き、過ぎるとランタン川に向かう峡谷沿いの道を下り続ける。途中の崩壊地は往路に通過したときよりも崩壊が拡大しており、ガイドさんに誘導されながら越える必要があった。順番を待っている間にも落石が発生し危険。

ラマホテルを出発 2008 ランタン・トレッキング
ラマホテルを出発
2008 ランタン・トレッキング
リムチェからトゥロー・シャブルを望む 2008 ランタン・トレッキング
リムチェからトゥロー・シャブルを望む
2008 ランタン・トレッキング
バンブー 2008 ランタン・トレッキング
バンブー
2008 ランタン・トレッキング
森の中を進む (バンブー〜パイロ間) 2008 ランタン・トレッキング
森の中を進む (バンブー〜パイロ間)
2008 ランタン・トレッキング

ランタン川にかかるつり橋に到着し、左岸に渡ってさらに標高を下げる。ミツバチの巣のある崖を望むあたりでも崩壊が拡大していたため、斜面を巻きながら進む。バンブー (1960m) 手前で支渓を渡りバンブーで小休止。さらに下り続け、パイロ (1640m) に12時10分に到着。パイロまでは日本人のグループと前後して歩いていたが、彼らはシャブルベシまで下るため、ここでお別れ。昼食はダルバート。

パイロからトゥロー・シャブル方向 2008 ランタン・トレッキング
パイロからトゥロー・シャブル方向
2008 ランタン・トレッキング

パイロを14時に出発。滝の下をくぐり進んでいくと、トゥロー・シャブルへの分岐点に差し掛かる。分岐点から一気に300mほど急な坂を上り、休業中の一軒の茶店の前で小休止。ここから先は道はなだらかとなる。斜面に付けられたトレイルを南に進み、つり橋でチョプチェ川を渡り、北にしばらく進むとトゥロー・シャブル。午後の雨が降り出し、雨具を途中で着てしばらく上り続けると、本日宿泊するロッジに17時に到着。

トゥロー・シャブル遠望 2008 ランタン・トレッキング
トゥロー・シャブル遠望
2008 ランタン・トレッキング
吊り橋を渡る 2008 ランタン・トレッキング
吊り橋を渡る
2008 ランタン・トレッキング
もうすぐトゥロー・シャブル 2008 ランタン・トレッキング
もうすぐトゥロー・シャブル
2008 ランタン・トレッキング
トゥロー・シャブル 2008 ランタン・トレッキング
トゥロー・シャブル
2008 ランタン・トレッキング
トゥロー・シャブル 2008 ランタン・トレッキング
トゥロー・シャブル
2008 ランタン・トレッキング
トゥロー・シャブル 2008 ランタン・トレッキング
トゥロー・シャブル
2008 ランタン・トレッキング

宿泊したロッジは熱いシャワーが使えた。ロッジの娘さんは、二日目の昼食を摂ったバンブーのロッジの息子さんの婚約者だそうで、彼から私たちがこの日トゥロー・シャブルに到着する事を聞いていたそうだ。チベット仏教徒なので、ヒンズー教徒が嫌う猫も飼われており、ロッジのご主人は夜に念仏 (?) を唱えていた。今夜もロキシーを飲みながら夕食を摂る。

明日の行程をガイドさんと打ち合わせる。計画ではラウレビナ (3900m) まで行く予定だったが、時間が掛かりすぎる可能性があること、途中適当な昼食を採る場所が無いこと、それに子供たちには標高が高すぎる可能性があることから、その手前のチョロンパティ (3584m) を明日の目的地に変更。明後日はゴサイクンダを参拝する予定だが、ゴサイクンダへは大人たちで行き、子供たちはチョロンパティで休養する計画とした。

2008 ランタン/ゴサイクンダ・トレッキング (8)に続く